ニキビができやすく、ニキビ跡になりやすい肌質を改善

ニキビ跡を再び作らないように~汚れを優しく落とししっかり保湿~

  • TOP
  • >
  • 洗顔と保湿

もうニキビ跡を作らない~再発を防ぐにはメイク方法も見直して~

ニキビが酷くなってできてしまうのがニキビ跡です。一度できてしまうと改善は難しいため、再発させたくないでしょう。しっかりとニキビを治して、再び悪化させないためにもニキビ肌におすすめのメイク方法を紹介します。注意点やコツを見ていきましょう。

メイクもニキビが悪化する原因になる

メイクをする女性

化学物質を多く含むコスメやスキンケアアイテムを使い続けると、肌トラブルが起こります。ニキビになりやすい人や現在ニキビ跡で悩んでいる人は、低刺激性の製品を選ぶことが大事です。また、中にはコスメやスキンケアアイテムを全く使わないという人もいるでしょう。しかし、ニキビは外部からの刺激に対しても影響を受けています。そのため、日焼け止めや保湿剤を使った方が、肌トラブルを防げることもあるのです。自分の肌に合った製品を正しく使いましょう。

ニキビになりにくい化粧品を選ぶ

メイクが原因でニキビが悪化すると言われても、すっぴんで過ごすのは難しいです。肌に優しい製品選びと併せて、なるべくニキビになりにくいメイク方法を実践しましょう。

ニキビを治すためには、メイクを控えるべきなのでしょうか?
コスメを選ぶ際は、敏感肌用、ニキビ肌用のものを選びましょう。これらの製品は油分がコントロールされていて、肌に刺激を与える成分も少なくなっています。そのため、正しく使えば問題ありません。現在、ニキビ跡を治療中という人は医師に相談すると良いでしょう。専門クリニックであれば、肌に負担を与える成分について聞くことができます。また、ニキビ跡はシミになりやすいため、肌に優しい日焼け止めは使用して紫外線対策も行なった方が良いでしょう。
オイリー肌に合った化粧品はありますか?
パウダーファンデーションがおすすめです。パウダーが余分な皮脂を吸着して、肌のベタつきを抑えます。肌に優しいミネラルを主成分としていて、保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸が配合されているものもあるので、このような製品を選ぶと良いでしょう。逆に、オイリー肌の人が避けたい製品として、リキッドファンデーションやウォータープルーフタイプのコスメ、乳液タイプやオイルタイプのスキンケアアイテムは要注意です。肌バランスを崩しやすく、ニキビ再発の原因となってしまいます。

ニキビを悪化させないメイク方法

オイリー肌の人は、スキンケア後のメイクの前に余分な油分をティッシュオフすることが大事です。これを行なうことで化粧崩れが少なくなり、化粧直しによる肌への負担も減らせます。また、ブラシなどのメイク道具は常に清潔を保ちましょう。基本は、定期的に洗浄してきちんと乾かすことです。消毒用アルコールやドライヤーで乾燥・殺菌を行なうのがコツです。夏場や梅雨時期はメイク道具も湿気を帯びるため、雑菌が繁殖しやすくなります。そのため、この時期は使い捨てのアイテムを選ぶと良いでしょう。

ニキビパッチが便利

ニキビパッチを利用すると、ニキビの治りが早くなります。マットタイプのものを選んで上からメイクを重ねることで、付けていても目立ちにくくニキビ治療とおしゃれを同時に行なえます。ニキビパッチは日本ではまだ知名度が低いですが、他の国ではとてもポピュラーなニキビケアアイテムで、ほとんどのコスメショップで売られています。ネットでも購入可能なため、興味のある人は是非チェックしてみてください。

メイクをした後のケアが大切!~治りにくいニキビの対処方法~

メイクに気を遣っていてもスキンケアを怠っては、ニキビが治りにくくなります。そのため、正しいメイクオフの方法を覚えておきましょう。汚れをしっかりと落として、肌の清潔と潤いを保つことがニキビの改善ではカギになります。

オイリー肌の人が犯しがちなミス!洗う回数に気を付けて

普通の乾燥肌の人だと、「洗顔料を使うのは夜のみ1日1回、朝は水だけで洗顔」という方法もありますが、オイリー肌の人では逆効果です。水洗顔だけでは、余分な皮脂が十分に落ちないため、角栓ができやすくなります。「角栓」は皮脂と古い角質が混じり合ったもので、毛穴に詰まり炎症を引き起こします。ニキビを防ぐためには、朝・晩、洗顔料を用いて1日2回しっかりと洗顔を行ないましょう。おすすめの洗顔料は、天然成分のみで作られた固形石鹸です。通常の洗顔料には多くの成分が配合されているため、オイリー肌の人ではかえって汚れが残りやすいと言えます。スキンケアの基本として、まずはシンプルな石鹸で肌の汚れをサッパリと洗い流しましょう。

オイリー肌に最適なスキンケア用品

洗顔料を用いてしっかりと洗顔を行なった後は、ニキビ改善に有効なスキンケアアイテムで肌を整えましょう。おすすめはビタミンC誘導体やレチノール、トコフェロールやセラミド、殺菌・抗炎症成分を配合した製品です。アルコールは余分な皮脂を取り除いて肌を引き締める効果がありますが、既に炎症を起こしている場合は、刺激を与えてしまうため避けなければいけません。ニキビになりやすい人の肌は硬いことが多いので、できるだけ浸透率の高い製品を選びましょう。余分な皮脂と、角質の両方を取り除ける拭き取りタイプのローションも人気です。

正しい洗顔方法

洗顔やメイクオフのときに汚れが落ち辛いと、肌をゴシゴシとこすってしまうでしょう。そうなれば、ニキビの炎症が悪化して、痛みや膿が現れかねません。正しいクレンジングと洗顔の方法を紹介します。

クレンジング

まずは、手を綺麗に洗います。雑菌や汚れが残っていては、メイクを綺麗に落とせないからです。目元や口元のポイントメイクから先に落とします。この部分は皮膚が薄いので、刺激を与えないように専用のポイントメイクリムーバーで優しく落としましょう。おでこ、頬、鼻、額、顔の中心の順にクレンジング剤を乗せて、顔全体になじませて洗います。油分の多いところからクレンジング剤を乗せていくのがコツです。そして、内側から外側に向かってマッサージをするようにメイク汚れと毛穴の皮脂を溶かし出していきます。なじませたら、ぬるま湯で少しずつ洗い流しましょう。

洗顔

洗顔で気を付けたいことは、「たっぷりの泡で洗う」ということです。泡には汚れを吸着する性質があります。泡が少ないと肌の上でゴシゴシと洗ってしまうでしょう。摩擦はダイレクトに肌の負担になってしまうため、避けなければなりません。泡たてネットなどを使って、しっかりと泡を立てて洗顔しましょう。皮脂分泌の多いTゾーンから顔全体に向かって洗っていきます。

しっかりすすぐ

ぬるま湯をすくった手の平を優しく顔に当てて、すすいでいきます。バシャバシャと洗わずに、優しくしっかりとすすいでいくのがコツです。顎やこめかみ部分は洗顔料が残りやすいので、十分すすぎましょう。すすぎが終わったら、清潔なタオルを優しく顔に当てて水気を吸収させていきます。この時も、ゴシゴシこすってはいけません。タオルは指よりも摩擦が起きやすいため、できるだけ良質なものを使用しましょう。

保湿

洗顔で古い皮脂や角質、汚れを取り除いた後は、忘れずに保湿を行ないます。肌は乾燥を防ごうと皮脂を分泌するからです。オイリー肌の人は肌内部の水分が失われやすく、過剰な皮脂分泌によって肌バランスを崩しやすいです。そのため、乾燥が直ぐに起こってしまうため、洗顔後は直ぐにローションで保湿しましょう。肌の水分補給を徹底することで、過剰な皮脂分泌を抑えられます。

TOPボタン