ニキビができやすく、ニキビ跡になりやすい肌質を改善

肌に負担を掛けずに、ニキビ跡を目立たなくするメイク方法!

  • TOP
  • >
  • ニキビ跡のカバーメイク

ニキビ跡を隠すためのメイク術~おしゃれを楽しむ~

ニキビ跡が気になると、おしゃれを思い切り楽しめなくなるでしょう。しかし、メイクで上手にニキビ跡を隠してしまえば、気になることもありません。ニキビ跡を上手く隠すメイク方法は、もちろんあります。赤みや色素沈着が気になるという人は、是非挑戦してみてください。

ニキビ跡の隠し方はタイプで異なる

ニキビ跡にいくつか種類があることは、先に述べた通りです。上手くカバーしておしゃれを楽しむためには、それぞれのニキビ跡に合ったメイク方法をやってみるといいでしょう。

赤みのあるニキビ跡はどうやって隠すのですか?
グリーン系のコントロールカラーを使います。グリーン系で隠せない場合は、イエロー系を使いましょう。肌の色と合わせて選ぶ必要があるため、美容に詳しい専門の人に相談してみることをおすすめします。また、リキッドファンデーションはカバー力が高い反面、肌への刺激と負担も大きいです。ですから、あまり使い過ぎないようにしましょう。
色素沈着したニキビ跡を隠す方法を教えてください
色素沈着したニキビ跡は紫色や茶色、黒色になっています。通常のファンデーションだけでは上手くカバーできないので、イエロー系のコントロールカラーを使いましょう。頬にニキビ跡がある場合は、チークを重ね付けするとよりナチュラルに仕上げることができます。
クレーターのニキビ跡を隠すことはできますか?
ファンデーションやコントロールカラーで、肌の凸凹を完全に隠すことはできません。しかし、毛穴の凸凹を埋める下地やコンシーラーでカバーすれば、ある程度目立たなくすることは可能です。また、メイク前は化粧ノリを良くするために、毛穴引き締め効果のあるスキンケアアイテムでしっかりと保湿を行ないましょう。化粧ノリが良くなれば、高いカバー力を維持したまま厚塗りを防ぐことができます。

コンシーラーで隠すポイント

ニキビ跡を隠すためには、ファンデーションとコントロールカラー、コンシーラーが大きな役割を果たします。中でもコンシーラーは「ピンポイント」でニキビ跡をカバーできるため、メイクの厚塗りを防ぎ肌への刺激と負担を減らしてくれます。肌を綺麗に見せるためにも、コンシーラーの上手な使い方をマスターしましょう。

色の選び方
コントロールカラーの補色を利用すると、選びやすくなります。自分の肌よりも少し暗めの色を選ぶのがポイントです。赤みのあるニキビ跡を隠すためには、黄色味がかったコンシーラーを選びましょう。また色だけでなく、薬用コンシーラーやカバー力の高いスティックコンシーラーを選ぶのも手です。薬用コンシーラーは赤みや色素沈着を効果的にカバーできる色になっていて、炎症を抑える薬用成分も配合されています。また、スティックタイプコンシーラーはカバー力が高い分、油分も多いため使い過ぎには要注意です。
塗る順番
リキッドファンデーションを使う場合は、リキッドファンデーションの上からコンシーラーを塗り、その上にフェイスパウダーを乗せましょう。パウダーファンデーションを使う場合は、コンシーラーを塗ってからパウダーファンデーションを乗せます。もし、逆にパウダーファンデーションの上からコンシーラーを塗ると、コンシーラーがパウダーを剥がしてしまいムラになってしまいます。また、コンシーラーを塗る際は厚く塗らないように気を付けましょう。塗ったところが目立たないように、指で軽くなじませるのもコツです。
赤みのあるニキビ跡になじませるコツ
赤みのあるニキビ跡にコンシーラーを塗るときは、まずはニキビ跡の周りに塗って徐々になじませていきます。直接何度もピンポイントで塗ってしまうと、刺激を与えたり厚く塗り過ぎたりしてしまうのです。コンシーラーをなじませる際は、なじませ過ぎないこともポイントです。あまりやり過ぎると、のびて薄くなってしまうでしょう。
フェイスパウダーで仕上げる
ニキビ跡を隠すために使うコンシーラーの色は、自分の肌よりも暗めの色です。より自然に仕上げるために、最後にフェイスパウダーを塗りましょう。フェイスパウダーには余分な皮脂を吸着する効果もあるので、オイリー肌の人には有効なアイテムと言えます。ニキビ肌用のルースパウダーもあるので、自分の肌に合ったものを使うと良いでしょう。

ニキビ跡はコンシーラーで効果的に隠すことができますが、治っていないニキビにコンシーラーを重ねると悪化の原因になります。ニキビを隠したい場合は、ニキビパッチを使うなどの工夫を行ないましょう。また、パウダーファンデーションを指先に付けて、コンシーラーのように使うのもおすすめです。パウダーファンデーションは、コンシーラーよりも油分が少なく肌への負担が少ないため、こういった使い方もできます。

ヘアスタイルでニキビが悪化!?~適した髪型を考える~

ヘアスタイルを魅力的にすれば、多少の肌トラブルは目立ちにくくなります。しかし、おしゃれの基本である髪型には、ニキビに悪影響を与えてしまうものもあります。どのようなことに気を付ければ、よりおしゃれを楽しめるのか見ていきましょう。

ニキビに悪影響な髪型とは?

髪が顔に当たると、ニキビが悪化しやすくなります。肌は刺激を感じると肌を守るために角質を厚くしますし、前髪でおでこなどが蒸れるとアクネ菌を増殖させてしまいます。おしゃれを楽しむためにも、まずは髪型を見直しましょう。顔に髪の毛が触れる髪型や長さは、ニキビに悪影響を与えるので要注意です。

スタイリング剤の選び方にも注意

シャンプーやトリートメントをはじめ、スタイリング剤にも注意が必要です。化学物質、天然成分問わず肌に触れるものは少しの刺激でも与えかねません。スタイリング剤にはアクリル樹脂系の接着剤や界面活性剤、アルコール、香料などが多く含まれています。特に汗を掻きやすい夏場は、できるだけ避けましょう。スタイリング剤を使わずに綺麗にまとまる髪型が安心です。もし、スタイリング剤を使う場合は、天然ワックスを主成分とした自然派の製品が良いでしょう。

デジタルパーマがおすすめ

ニキビ肌に悩む人におすすめの髪型として、デジタルパーマがあります。スタイリングも楽に決まるため、一石二鳥です。

スタイリング剤要らずで好きな髪型を楽しめます(ヘアスタイリスト)

デジタルパーマにするとスタイリング剤を使わなくてもしっかり髪型が決まるので、ニキビに配慮しながらおしゃれを楽しめます。ゆるふわのナチュラル系に仕上げることができるので、肌に負担を掛けないナチュラルメイクとの相性もバッチリです。最近は、うちのお店に来るお客様もナチュラル系おしゃれを楽しむ方が増えています。

デジタルパーマで通気性をアップ(ヘアスタイリスト)

通気性の悪い髪型は、ニキビに悪影響を与えてしまいます。デジタルパーマを掛けると、通気性も良くなるので効果的にニキビ予防や改善ができると思います。以前、肌荒れで悩んでいたお客様がデジタルパーマでミディアムヘアにされて、肌がお綺麗になったと喜びの声を頂いたことがあります。春・夏のヘアスタイルとして人気なので、蒸れやすい季節や肌荒れで悩まれている方に最適だと思います。

TOPボタン